CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< コメントのお返事です。 | main | 召集令状。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ハチクロにはまりまくり。
なんですよ。
むー。
どこから読んでも大丈夫なコミックスだって気付いて、枕元に常備ですよ。
きみぺ以来のブームです(毎晩ちょこっとでも読まないと眠れないっつー状態ね)。

困った。

でね、すんごく気になったとこがあってね。
5巻のp56にある花本先生が山田さんに言った言葉と飲み込んだ言葉。
「努力する」か
「諦める」か
どっちかしか
ないよ
人間に選べる道なんて
いつだって
たいてい
この
2つしか
ないんだよ

そう伝えた後に続く、モノローグ。
この時ひとつ
嘘をついた
3つあったんだ
選択肢は
ほんとうは
−でも
2つしかないと
信じていた方が
道はひらけるから
3つめの答えを
僕は
口に
しない


3つめは・・・「受け入れる」かなって思うんだけど、どうなんだろう。
この後に答えは出てこなかったと思うから想像するしかなくて。

「諦める」ことがどうしても出来ないのなら、「努力する」ことによって、手に入れるしかなくて。
かといって、「努力する」ことでどうにでもなることではないのなら「諦める」しかないのかな。
と思ったときに、どうにもならない事を、そのままで「受け入れる」って選択肢もあるのかなぁって思ったの。
簡単に受け入れられるようなことなら、諦めることも努力することも多分簡単で。
でも、簡単に諦めたり出来ないし、努力してもどうしようもないことが分かっていて、現状を受け入れるしかないのなら、それは、もの凄くツライことかもしんないなぁ。
でも、受け入れたらそこで道は息詰まってしまうのかな。
花本先生の考えてることからしたら、そうなのかな。
まぁ、「受け入れる」が答えじゃないのかもしんないけど。

受け入れることによって出来る成長ってのもあるような気もするし。
結局は、気持の持ち方次第なんじゃないかなぁ、とか。

今更、こんな事を考えても若かった日々が戻ってくるわけでもないけど。
んでもなぁ、あの頃の悩みとか諸々は、今思うと宝物だよなぁってしみじみしちゃうわよ。

青春ってすっぱくって、しょっぱくって、素敵。

あなたが思う「3つめ」良ければ、教えて下さい。
| コトノハ | 23:04 | comments(1) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 23:04 | - | - |
コメント
はじめまして。ハチクロ、私も大好きです。
私はこの3つ目を、「流される」かな、と思いました。
「努力する」も「諦める」も、どちらも自分が主体的に動くものであって、それはなんらかの決断を必要とするものであるわけで。そのどちらも選ばずに「流れに身をまかせる」という選択肢もあるのではないか、と思いました。
痛みを誤魔化しながら生きていくという事だとしたら、せつな過ぎるなあ…。
答えがはっきり書かれていない以上、想像でしかありませんが。
| さな | 2005/03/19 5:32 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
六太郎
竹本が旅先で知り合った寺社修復士。18歳。貧しい家の出身で、中学校卒業と同時に働...
| はちみつとクローバー=ハチクロとは何? | 2007/05/15 11:48 PM |